Pocket
LINEで送る

こんばんは!

マツヲタです!

高校生の時などに聴いていた曲が

今になって凄く響く、

そんなことが最近多いです。

行動力というのが

凄く大事だと僕はいつも言っているわけですが

今聴くとそれが凄く響いてきた曲、

それをご紹介します。

 

件名がまさにその歌詞なんですが、

19の「すべてへ」

という曲です。

 

こちらは三枚目のシングルで

僕が高校1年生の頃の曲です。

コーラス(日本でいうサビ)の歌詞が

 

風が吹かないそんな場所でも

僕たちが走るなら感じることができる

吹くだろう風なんて待つなよ

ないものを嘆くより作ればいい風だって

 

です。

これはまさに行動を促してるなと

思ったんです。

 

いつか吹くかもしれない

風を待っていては

いつまでも時間を浪費してしまう。

そして、人はいい出します。

何故、自分にはチャンスが巡ってこないのか。

とか、

いつかチャンスが巡ってくる。

とか。

そういう風に待ってて何も起こらないことを

嘆くのであれば、

自分から走り出せば

風を受けることができる。

風さえも作り出すことができる。

なければ作ればいい。

 

チャンスが巡ってこないなら

自分からチャンスがあるところに

走り出せばいい。

 

自分が変わりたいなら、

目標を達成したいなら、

何かを得たいのであれば、

走り出せばいい!

 

という風な意味に僕は捉えました。

 

これが高校生の時は

なんとなく、いい歌詞だな。

くらいにしか思ってませんでしたが、

この歳になって

しっかり理解できるし、

ずっしりと響いてきます。

コーラスの歌詞もそうですが、

バースの部分でも

人のせいにして生きてきたという感じの

歌詞になっています。

人は結構人のせいにしがちです。

ですが、すべて自分のせいなんです。

うまくいかなかったのも、

違う方向に進んでしまうのも

すべてが自分のせいです。

ネットビジネスでいえば、

 

変なコンサルタントに騙されました。

⇒ 自分の見る目がなかった。

 

教材を買ったけどうまくいかなかった。

⇒ 成果が出ている人が実際にいる以上は

やり方が正しくなかったか、

内容を取り違えて実行したか。

 

それを人のせいにしているうちは

うまくいくはずがありません。

それでどんどんチャンスを逃します。

と、また長くなってしまいそうなので

この辺にしておきます(笑)

是非、聴いてみてください。

聴いたことがある人は

今聴いてみると新たな発見が

あるかもしれません。